茗荷谷、小石川で歯科をお探しの方は文京歯科まで

112-0002 東京都文京区小石川4丁目20-5 グリーンヒル小石川2F

03-3811-3994

治療の流れ歯周病1歯周病2
むし歯義歯・被せ物顎関節症
 

当院の特徴

歯周病専門治療

歯周病専門治療

歯周病の精密な検査、治療を専門医が行います。
お気軽にご相談ください。

歴史のあるクリニック

歴史のあるクリニック

当院はこの小石川の地で開院70年を迎えました。
これからも歯科医療を通じて地域に貢献して参ります。

茗荷谷駅徒歩5分、都営バス小石川4丁目徒歩1分

茗荷谷駅徒歩5分、都営バス小石川4丁目徒歩1分

東京メトロ丸の内線茗荷谷駅より徒歩5分、都営バス小石川4丁目徒歩1分の、とても通いやすい歯科医院です。通勤・通学の途中などにも気軽に立ち寄っていただけます。皆様のご来院を心よりお待ちしております。

顎関節症治療

顎関節症治療

当院では、顎関節症の治療も行っております。
咬み癖や歯ぎしりの特定、オーダーメイドのマウスピースの作製等を健康保険適用内で行うことができます。

 
 

新着情報

2017.11.11
line
2017.10.31
line
2017.10.22
line
2017.10.11
line
2017.9.30
line
 
 

小石川・茗荷谷の文京歯科のQ&A

歯周病について

Q.歯周病にどうしてなってしまうの?
歯周病の原因は複合的なものと考えられています。
遺伝的要因が原因のケースもありますが、歯みがきや喫煙、糖尿病といった生活習慣との関係が大きい病気です。
主な原因として上げられるのが、プラーク(歯垢)などに存在している細菌と、噛みしめなどによる力学的なダメージです。
これらによって、歯の周りの組織で起きる、歯周炎や歯肉炎などを総称して歯周病と呼んでいます。
Q.自覚症状が無くても、歯周病の可能性はありますか?
歯周病は痛みなどの自覚症状が生じにくい病気です。
したがって、むし歯と違って自分では気づきにくいのが特徴です。
一般的な症状としては歯ぐきからの出血や歯ぐきの腫れ、それに口臭などがあります。
歯周病にかかっている人は非常に多く、中高年層になると半分以上の人は歯周病といわれています。
自覚症状のないまま歯周病が進行すると、最悪の場合歯が抜け落ちてしまいます。
症状が無くても定期的に歯科検診を受けることをおすすめします。
Q.歯周病にならないためにはどうすればよいですか?
歯周病の主な原因となる細菌が存在しているのがプラーク(歯垢)です。
歯周病を防ぐための基本的な対策はこのプラークを取り除くことです。
そのためには、普段からしっかりとした歯みがきを行うことが重要です。
さらに、ご自身の歯みがきだけでは完全にプラークを取り除くことはできません。早期発見をするためにも、日常のホームケア以外に定期的な歯科検診で歯周病についてチェックすることをおすすめいたします。
悪化すると治療にも時間がかかり、治療費もかさんでしまいます。定期的に歯科検診を行うことで、治療回数の短縮にもつながります。

むし歯について

Q.むし歯はどうしてできるの?
むし歯は口の中にいるミュータンス菌などの細菌によって引き起こされます。
この細菌は食べかすなどの中にある糖を使って酸を作りだし、それが歯を徐々に壊していくのです。
お口の中の環境によっては、先天的にむし歯になりやすい人もいます。
初期のむし歯では、細菌が作り出す酸が歯の表面のエナメル質が破壊してしまい、その奥の象牙質へと進行していきます。 象牙質には神経が通っていますので、冷たいものや甘いものでしみる症状が出てきます。
こうした状態をむし歯と呼んでいます。
Q.歯磨きを毎日しても、むし歯になりますか?
むし歯を予防するためには、口の中の細菌と食べ物の残りかすを結びつけないようにすることが重要です。
その基本的な予防法が歯みがきです。 歯みがきをすることで、食べ物の残りかすを口の中から取り除くことができます。
毎日歯みがきをしても、適切な歯ブラシのあて方や、十分な時間・回数がとれなければ、プラーク(歯垢)が口の中に停滞することになります。
また、磨き残しがあると、そこからむし歯になる可能性が上昇してしまいます。
Q.むし歯は放おっておいても大丈夫ですか?
むし歯はそのまま放置していると徐々に進行していきます。
どこまで進行しているかで、症状も変わってきます。
例えば、初期の症状である歯の表面にあるエナメル質が侵されている段階では、まだ痛みなどは出ません。
ですから、痛みや違和感などの自覚症状が無いからといって安心はできないのです。
そのままにしていると、やがて象牙質が侵され、神経へと進んでいき、強烈な痛みが出てきます。
さらに状態が進むと、抜歯が必要になってしまいます。むし歯は早期発見、早期治療がポイントです。
治療が終わったら定期的なメンテナンスを受けるようにしましょう。
また、予防のために歯の質を強化するフッ素塗布も有効です。

小児歯科について

Q.乳歯は抜けるから、むし歯など放っておいても大丈夫ですか?
乳歯はいずれ永久歯に生え変わりますが、だからと言って、むし歯を放っておいてはいけません。
乳歯は永久歯と比較し、歯の表面にあるエナメル質が酸に弱いので、むし歯が奥まで進行しやすく、重症化しやすい傾向があります。
また、乳歯のむし歯が深部まで進行すると永久歯のむし歯リスクも高まり、永久歯がまっすぐ生えないなどの問題も出てくる場合があります。
Q.こどもはいつから歯医者に連れて行けばいいですか?
お子さまが小さいうちはお出かけするのも大変で、歯医者でぐずると大変だと、つい歯医者に連れて行くことをためらいがちになってしまいます。
ですが、歯の健康のためには小さいうちからのケアが重要です。
歯医者にはむし歯などで悪化してから行くのではなく、予防、検診を兼ねて来院されることをおすすめします。
小さいうちから歯医者に通うことで、お子さまも歯医者の環境に慣れてきます。
歯医者を身近に感じるようになることが、生涯にわたる歯の健康維持にもつながります。
Q.フッ素塗布とは何ですか?
お子さまの歯の健康に重要なのはむし歯の予防です。
治療をしなくても良いように予防に重点をおくようにしましょう。
むし歯予防に効果を発揮するのがフッ素です。
フッ素は、むし歯を作る細菌の活動を弱める効果があるだけでなく、歯の修復や強化にも効果があります。
定期的にフッ素を塗布することで、お口の中のトラブルを予防できます。

顎関節症について

Q.顎関節症って何ですか?
口の開け閉めや物を食べるときに痛みが出たり、口が開かない、違和感がある、音がするといった症状が出る場合があります。
これらの症状が単独ではなく、複合していることも多く見られます。
こうした状態を総称して顎関節症と呼んでいます。
Q.顎関節症の原因は何ですか?
顎関節症の原因は様々です。
主な原因としては、歯ぎしりや食いしばりといった習癖によるダメージです。
それ以外にも、不正咬合と呼ばれるかみ合わせの悪さが原因となることがあります。
また、ストレスを感じるときに症状が出るといった心因性の場合もあります。 お口の状態や生活習慣などのお話から、原因をつきとめることが治療の第一歩です。
Q.顎関節症はどのように治療をしますか?
あごの筋肉の場合は、マッサージやストレッチ、それに温感療法を行い症状の改善を試みます。
関節の動きに問題がある場合には、マウスピースを使って歯ぎしりや食いしばりによるダメージを防ぎ、あごへの負担を軽減します。
かみ合わせが悪い場合には、その改善を行います。
日常生活のストレスが関わっているケースが多いため、生活習慣との関連から原因を考えていきます。
 
 

医院情報

会社名 文京歯科
所在地 112-0002 東京都文京区小石川4丁目20-5
電話番号 03-3811-3994
URL
業務内容 歯科
説明 茗荷谷、小石川で虫歯・歯周病の治療や、口腔外科・顎関節症治療の歯医者なら文京歯科。茗荷谷、小石川の地にて70年診療しているとても歴史のある歯科医院です。茗荷谷、小石川、文京小日向、文京白山、文京春日など周辺地域からの来院もお待ちしております。
文京歯科
 

診療科目

■一般歯科 ■小児歯科
■口腔外科 ■歯周病治療
■顎関節治療
 
 

診療時間

日祝
9:00

13:00
/ /
14:00

19:00
/ /

★…9:00~14:00

時間:
9:00〜13:0014:00〜19:00

休診日:
金曜・日曜・祝日

 
当院へのアクセス【アクセス】
■電車
東京メトロ丸の内線「茗荷谷駅」徒歩5分

■バス
大塚駅前方面 大塚駅前行き
錦糸町駅前方面 錦糸町駅前行き
池袋駅東口方面 池袋東口行き
東京ドームシティ方面 東京ドームシティ行き
「小石川四丁目」下車 徒歩1分