TOPICS

妊婦さんと歯周病

今年は、文京区妊婦検診を受診される方が

多く来院されました。

母子手帳の内容や区からの通達でお越しになりますが、

ここで歯周病とのかかわりについてお話してみます。

 

妊娠中には、ある特定のホルモンが増加します。

このホルモンを栄養にして、妊娠中に爆発的に

増加する歯周病原菌が存在するのです。

つわりなどでうまく歯がみがけなかったり、

体調の大きな変化で免疫力が低下することによって

こちらの歯周病原菌の大幅な増加がなされると、

一気に歯周病が進んでしまったりするのです。

 

その中でも、もちろん最優先なのは

母子ともに安全に出産することです。

もし出産まで大きなリスクが無いようでしたら、

まず歯周病が進んでしまうリスクがあることを

知っていただく。

そこから、出産後に無理なく受診していただき

大きく進む前に予防、治療をすることができれば

お子さんへの感染も防ぐことができます。

 

適切なリスク管理、患者さんごとの生活背景や

体調を鑑みて一緒に考えられたらと思います。

 

お子さんとの生活を楽しみに、

そしておいしく食べられる環境も

しっかり作ることができたらいいですね!

 

心配ごと、気になることがありましたら

お気軽にご相談ください。

ページトップへ